fc2ブログ
Shangri-la  絵が描ければそこは楽園
03≪ 2024| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
約束
ユカ姉ちゃん続きです。

長い滞空時間のうちに内容いろいろなりました。


ユカ姉ちゃんはこの兄弟の過去振り返るキーマンという存在にします。

妄想広がり過ぎてちょこちょこ吐き出しとかないとネタごたごたになるんでうpして修正してうpして修正してそんな感じ。

ちゃんと絵が描けりゃ良いんだがねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

「男だけでどんだけ散らかってるかと思ったらいい感じじゃない!もっと長居しようかしら」
赤城兄弟の従姉妹、赤城ユカが腕を組んで仁王立ちしリビングを見渡している。
その後ろからユカの荷物を重そうに運ぶタロが
(やーめーてーよー長居?勘弁してくださいよぉ?)
その脇をすたすたと歩きジロが指差す
「リビング脇の和室使って。」
襖全開にし、先に配達された荷物が隅に置かれていた。
「ありがたく使わせていただくわ」
きれいにされており気に入った様子。もちろんジロが一人で掃除しておいたわけだが。

「あ!そうそうタロ、あんたに手紙預かってたわ」フフフ…差出人が判明しているのかユカは含み笑い。手にしていたバックの中をガサゴソ
「…手紙ぃ?」
ユカの背後で思い当たる節がないので考えこむ。
ユカは振り向かず肩越しにヒラヒラとモスグリーンの封筒を見せる。
なにか女性からの雰囲気。
「え…?」
誰だよ、わかんないって!!!若干焦る。
ジロは様子見ながらキッチンのほうへ足をむける。
「どうぞ?」語尾があがる口調にユカがタロの反応を楽しんでいるのを伺える。


手渡された封筒には


[島 エリコ]
あ…
「島先生?」
なんで今頃。卒業してから二度と会うことはなかった。
タロ高校三年ジロ二年の時、新任できた音楽の講師。

「そう、エリコ先生」
三人の表情が消える。


「懐かしいでしょ?タロが一番荒くれてたあたりよね高校3年って。結婚するの、うちのホテルで結婚式…事故の後遺症なく子供も産めるって喜んでたわ」



封筒を見つめたまま佇むタロ。それを見つめるジロとユカ。
しばし沈黙が訪れた。

タロとジロの運命を変えた人物。


無言で手紙を開封し
文字を追う。
目を伏せながら笑う。

「ああ、そうか約束守ったんだ」

スポンサーサイト



2010'04'08(Thu)21:03 [ 妄想の絶壁 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://aka77.blog27.fc2.com/tb.php/98-bb07e417
trackback